先頭に戻る

万が一の時はクーリングオフを!手順は簡単

首をかしげる女性

カウンセリングを受けていると、なんとなく必要のないことまで契約してしまったなんてこともあります。
多いのが、キャンペーンのワキやVラインだけのつもりが、勧められて他の部位の脱毛も契約してしまったというケースです。
でも、やっぱりキャンペーンのものだけにしたいなんてこともありますよね。
一度契約をしてしまったものを取り消すなんて都合の良いことができるのでしょうか?
そんな時はクーリングオフ制度を利用することで契約解除することができます。

 

クーリングオフを行う手順

クーリングオフは証拠を残すために「書面」で行います。

 

では実際にどうするかというと…
郵便局の窓口で「特定記録」または「内容証明」でクーリングオフする旨を送ります。
これは「いつ」を証明するものになります。
また、相手側の「聞いていない」「知らない」との主張をさせない為でもあります。
トラブル回避のため、コピーを取っておくとより良いでしょう。

 

消印有効なので、エステ店側に書面が届くのが8日以降になっても大丈夫です。
クーリングオフが行われると契約は解除され、支払いが済んだお金は返金されます。

 

クーリングオフ制度とは

クーリングオフは英語で書くと『cooling-off』となり、これは頭を冷やすと言う意味です。
つまり、消費者が頭を冷やして考え、本当に必要な契約か判断するための猶予期間なのです。

 

この猶予期間と言うのは業種や契約によって変わり、エステの場合は契約を交わしてから8日間です。
カウンセリングして契約した日が1日目とカウントされるため、判断は早めにした方が良いでしょう。

 

ミュゼプラチナムでは

ミュゼプラチナムでもクーリングオフはできます。

 

それ以外にも、ミュゼではクーリングオフの期間を過ぎた場合でも解約することができます。
ちゃんと規定に基づいて返金もされます。

 

解約の申し出をすると、書類の作成の為に店に行く日時を決めます。
解約金は発生しません。

 

ただ、返金は現金ではなく、銀行振り込みになるので口座情報が必要になります。
解約された方も引き止めされることもなくスムーズに解約することができたという人が多いので、万が一合わない場合は解約を検討しても良いでしょう。

ミュゼ脱毛キャンペーン情報