先頭に戻る

痛みやかゆみはなく、肌に優しい脱毛です

Vライン脱毛のトラブル

Vライン脱毛を行う場合、肌トラブルが気になる方は多いのではないでしょうか。
デリケートな箇所だけに、肌ダメージも起こりやすいものです。

 

特に表れやすいのが痛みやかゆみ。
カミソリでVラインを剃った時に失敗した経験がある方も多いのではないでしょうか。
そんなデリケートな部位だからこそ、エステでの脱毛が流行っているのでしょう。
自分で処理するより刺激が少なく、今後の痛みやかゆみと言ったトラブルの回避にも繋がります。

 

ミュゼなどのエステで行われている脱毛方法は、光脱毛と言って、強い光を毛に当てて毛の再生能力を弱める方法です。
脱毛に使う光は肌には作用しませんので、痛みやかゆみが現れにくいです。
しかし、太く黒い毛に対しては強く反応するため、施術中に痛みを感じることもあります。
痛いと感じたときは、恥ずかしがらずにスタッフに申し出て、出力を調整してもらいましょう

 

万が一施術を受けたあとにかゆみやひりつきを感じたり、赤くなってしまったりするなどの肌ダメージがあった場合には、自分で判断するのではなく、脱毛を受けているお店に相談するなどの対策を取ることをオススメします。

 

痛みやかゆみを放っておくとどうなる?

Vラインはデリケートな箇所なので、カミソリなどによる脱毛後に痛みやかゆみを感じる方もいるようです。

 

多少の刺激はある意味、脱毛をするうえで仕方がありませんが、そのまま放っておくと色素沈着を起こしてしまったり、かぶれてしまったりすることもあります。
きれいになりたいために脱毛に行ったのに、その結果黒ずみが残ってしまったりただれてしまったりしては意味がありませんよね。
蒸れやすい場所だけに、一度肌トラブルが起こってしまうと不快感も強くなってしまいます。

 

自己処理でトラブルが起こった時は

ご自身で取ることができる対策としては、脱毛直後などの肌が過敏になっている時期には、なるべく刺激を与えないようにすること。
スカートなど摩擦の少ない服を選び、下着の形状を変えることも考えてみて良いでしょう。
もちろん、紫外線に当たることは控えることが必須です。

 

Vラインからはみ出す毛が気になる方は、ミュゼで脱毛して、できるだけ処理をしなくても良い常態にしておくことが理想的です。

 

エステ脱毛を選ぶポイント

Vライン脱毛ができるエステサロンはミュゼ以外にもあります。

 

エステサロンを選ぶ時は、まずは光脱毛で脱毛できるところを選びましょう。
電気脱毛を提供しているサロンもありますが、ハレや痛みが酷いため、デリケートな部位はおすすめできません。
脱毛後の肌トリートメントはほとんどのエステサロンで行われていますが、追加料金がかからないことをチェックしましょう。

 

そして、カウンセリングで心配事に親身に耳を傾けてくれるところだと安心できます。

 

ミュゼ脱毛キャンペーン情報