先頭に戻る

ジェルを使う光脱毛のメリットは?

脱毛サロンではどこでもジェルを使用していると思っていませんか?
そんなことはありません。
サロンによってはジェルを使用しないところもあります。
もちろん、光脱毛を行っているところですよ。
では、ジェルを使用するメリット、デメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

 

ジェルを使用するメリット

メリットは肌の炎症を防ぎ、肌を保護することです。
光脱毛は施術後に肌が熱を持ちます。
肌がヒリヒリして、ひどく日焼けをした後のような感じですね。
それを防ぐのにジェルを使用します。
ミュゼプラチナムでは、肌を保護する以外にも制毛成分も含まれたジェルを使用しています。
また、他にもジェルを使用するメリットとして、機械のヘッドの滑りを良くすることもあります。
キラキラした女の子

 

ジェルを使用するデメリット

まず、大抵の人がジェルを不快に感じる理由はコレです。
冷たい
これが一番のデメリットと思います。
もちろん、肌を冷やして炎症を抑えるためという理由がありますが、とにかく冷たいのです。
冬はとてもキツイですよね。
ワキぐらいの範囲でしたらなんとか我慢できそうですが、背中とか広範囲の場合辛いですね。

 

後は、ベタベタした感じが拭えないというのもあります。
もちろん、スタッフさんはキレイに拭いてくれるのですが…(ホントにキレイに拭いてくれますよ!)
なんかベタベタした感じがしてしまうのですね。
脱毛後お出かけの場合、この不快感とずっと一緒になるのは辛いですね。
他にも、ジェルを塗る&ふき取る時間がかかるといったデメリットもあります。
ふさぎ込む女の子

 

ジェルを使わない光脱毛ってどんな感じ?

実は、ジェルを使う光脱毛と同じくらい寒いです。
肌に当てる部分に冷却装置がついているためです。
冷却装置がついていないと熱のダメージが強く、また、脱毛の痛みを軽減するために、よく冷やすことは有効なため、光脱毛に『冷却』は欠かせないのです。
冷える〜

 

ジェルを使わない光脱毛メリットは、スピードの速さです。
ジェルを塗ったりふき取ったりする時間が省略できるため、全身脱毛みたいに何か所も脱毛する場合に適しています。

ミュゼ脱毛キャンペーン情報