先頭に戻る

脱毛で使うジェルが冷たい・・・何とかならない?

ジェルの冷たさにびっくり!

初めての脱毛、すごく緊張しますよね。
私の場合、初めての脱毛はミュゼのワキ脱毛でした。

 

着替えてベッドに横になり、バンザイの状態でいます。
最初はかなり緊張します。
ですが、緊張していてもおかまいなしで、脱毛用のジェルがピトって塗られるんです。

 

「冷たい」とあらかじめ聞いていても、正直、すっごく冷たくてびっくりします!
思わず体が震えるので、かなり恥ずかしく感じたんですが、最初はみんな同じみたいです。
スタッフも慣れた感じで、「冷たいですよね〜」と、脱毛箇所に塗り広げていきます。
塗布イメージ画像
1番最初のピトって肌に付いた時が1番ヒヤっとします。
でも、2回目以降はだんだんと慣れ、ひんやりシートと同じくらいの冷たさに感じました。

 

ジェルは冷蔵で保存されてる

あまりにも冷たがっていた私に、スタッフが教えてくれたのですが、ミュゼではジェルを冷蔵保管しているそうです。
私が行った店舗では、特に「午前中の方が冷たいかも」とのこと。

 

こんな脱毛には直接関係ないような雑談も、ミュゼのスタッフは気軽にしてくれるので、最初の緊張はすぐにほぐれました。

 

ジェルは必要?

女性は冷え性の方も多いので、冷たいものを体に塗るのに抵抗がある方もいると思います。
しかし、ミュゼの場合はジェルを使わずに脱毛することができません。
ジェルにはちゃんと役割があるのです。

 

脱毛効果を高める

フラッシュ脱毛はレーザーより効果が弱いと言われていますが、ミュゼではジェルを塗ることでただ光を当てるより、効果的に脱毛ができるように工夫されています。

 

肌の保護

光はそのまま当たると、とても熱く感じます。
そして、肌へのダメージも大きくなります。
ジェルを塗ることで、必要以上に熱を伝えず、肌を保護してくれています。

ミュゼ脱毛キャンペーン情報