先頭に戻る

埋没毛ができた時の対処法は?

埋没毛というのを知っていますか?
字の通り毛が皮膚の中に埋没している状態です。
埋もれ毛(うもれげ)と呼ばれることもあります。
埋没毛

 

どうして埋没毛ができてしまうのか?
また、できてしまった時の対処法はどうしたらいいのでしょうか。

 

埋没毛の原因

埋没毛ができてしまう原因はズバリ「むだ毛処理の後のケアの仕方」です。
しっかりとケアをしていないとなってしまうことが多いです。

 

埋没毛はカミソリや毛抜きを使用してムダ毛処理した後によく見られます。
何らかの原因で皮膚内で発毛、成長したものが埋没毛です。

 

どこにでもできる症状ですが、ひざや脇など角質が厚い部位は何個も集中してできることがあり、目立ちやすいです。
カミソリでの処理

 

埋没毛の影響

影響は肌が鳥肌みたくブツブツしてきます。
放置しておくと自然に分解され排泄されるのですが、たまに色素沈着をおこすことがあったり、酷い場合炎症をおこし毛嚢炎(もうのうえん)になることもあります。

 

赤み、痛みが出たら炎症のサインです。
症状がひどくならないうちに皮膚科で処置することをおすすめします。
お医者さんへ

 

埋没毛の予防方法

まず、カミソリや毛抜きでの自己処理をやめることですね。

 

でも、ムダ毛は嫌ですよね。
ミュゼなどのサロン脱毛や、クリニックでの医療脱毛でムダ毛を処理するのが一番よい予防方法です。

 

皮膚科よりミュゼの方が値段は1/3程度で済みます。
ミュゼで脱毛すると、だんだん毛が細くなるため、カミソリで剃る回数が減り、埋没毛ができる機会がなくなります。
光脱毛

 

対処法

では実際に埋没毛ができてしまった場合、どうすればよいか悩みますよね。

 

実際みなさんがどうしているのかというと…
多かったのが、ピンセットや毛抜きで無理矢理引っ張り出す方法です。
コレ、一番やってはいけないパターンです。
まず、皮膚を傷つけるのと、細菌が入りやすく、炎症を起こしやすいです。
酷い時には膿が出るなんてことも…
毛抜き

 

軽石でこするという方法もあります。
が、やってみるとわかりますが、痛いです。
ヒリヒリするので肌にはよろしくありません。
もちろん、やってはいけないパターンです。

 

似ているのが、スクラブする方法です。
これは表皮を削るので、埋没毛が出てくることがあります。
が、後から肌がザラザラしてくるので、これもおススメできません。

 

他にもピーリングをする方法があります。
これは結構効果があるようです。
が、ピーリング商品によっては悪影響が出る場合があります。

 

一番良いのが、皮膚科医で相談して埋没毛を取り除くことです。
自己処理ではなかなか直すのが難しいようですね。
脇やひざなど、目立ちやすい場所だけでも、ミュゼで脱毛しておくと、埋没毛の予防になりますよ。

ミュゼ脱毛キャンペーン情報